化粧水の正しい付け方

化粧水は洗顔した後の水分補給をするのに必ず使います。
しかし化粧水の正しい付け方を知ってる人は余りいないのが現状です。特に肌の敏感肌な人は、肌に問題が起こる恐れがあるので、自分の付け方をもう一度見直すことが必要です。


化粧水の付け方で良くやりがちなことは、何回も手でバシャバシャして肌に浸透させていることです。
手で肌を叩くことによって肌に負担がかかり、逆に水分が肌に浸透しにくくなります。

更に、叩いてる刺激で顔が赤くなってしまいます。手でこすりながらつけるのは、肌に摩擦を与えて傷つけるばかりか、肌に水分が全く浸透しないのでな意味のない付け方ですし、化粧水がもったいないです。


更にやりがちなことは、たくさん付ければお肌がぷるぷるになると勘違いしていることです。

化粧水に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

肌に必要な水分量はおおよそ決まっているので、たくさんバシャバシャ付けても必要のない水分量は肌に浸透しないで逆に乾燥をしてしまいます。


化粧水の正しい付け方は、いっぺんに付けるのではなく少しずつ手に取り温めながら肌に付けます。
付けるときは、手で肌を包み込む様に優しく数秒押さえます。


数回繰り返して肌に浸透させていきます。



特に乾燥が気になる所は、指先などで優しく押さえていきます。気をつけることは、絶対にこすってはいけません。
浸透したかの目安は、肌につっぱり感がなくひんやりしていて、肌が手に吸い付く感じなったらオッケーサインです。


付け方一つで肌の状態が劇的に変わるので正しい使い方をするのが大切です。